日本赤十字社

NHK海外たすけあい

いま、気候変動が
多くの人びとを苦しめています。

世界各国における
気候変動による被害の状況

毎年のように
巨大サイクロンが来襲し、
甚大な被害がでています。

バングラデシュには毎年のようにサイクロンが来襲し、海岸地帯を中心に高潮や暴風雨による深刻な被害をもたらしています。今年も5月に大型のサイクロンがバングラデシュを襲い、160万人以上が避難した。少なくとも36の村が高潮で浸水し、住宅2,000棟以上が倒壊しました。

雨季になると大雨により
洪水が発生し、それにより
感染症が蔓延しています。

ルワンダの都市から離れた農村部や山間部では、大雨により洪水や土砂崩れなどの災害が多く発生し、安全な水や衛生的なトイレの普及率も低いことから、コレラやマラリアなどの感染症の拡大が大きな問題となっています。

南半球でかつてない規模の
犠牲者を出した暴風雨が発生。

今年3月、モザンビークに大型サイクロン「イダイ」が上陸しました。最大風速100km/hにも及んだこのサイクロンは、近年モザンビークが直面した自然災害の中で最大級の災害であり、モザンビーク国内だけで被災者は185万人、16万人が家を失い、600人以上が亡くなっています。また、コレラなどの感染症の拡大が深刻な問題となっています。

日本赤十字社は
世界の様々な国で支援活動を
続けています。

サイクロンに備えた診療所を新設し、避難民の健康を守る。

日赤は現地医療スタッフやボランティアとともに医療活動を実施し、これまでに延べ7万5千人以上を診療してきました。また、サイクロンや大雨に備えた新しい診療所の建設などを行いました。

感染症や土砂災害に対する知識を広め、保健医療を強化する。

コレラや土砂災害対策といった保健や防災に関するアニメ映画をルワンダの村々を巡回して上映し、啓発活動を実施。電気の供給も不十分な村では、娯楽の一つとして村に活力を与えており、これまでに6万人以上の住民が上映会に参加しました。

コレラなどの感染症拡大を防ぐために、専門医を派遣しました。

感染症専門医を派遣し、コレラやマラリアの感染拡大を防ぐために、医療施設の整備や治療レベルの向上、水質調査や住民への啓発活動を行ないました。

より多くの人びとを救うためには支援が不足しています。

赤十字が支援を行うバングラデシュ、インドネシアなどの子どもたちが描いた絵を、クレジットカードで20,000円以上のご寄付をいただいた先着100名様にプレゼントさせていただきます。

<注意事項>
・専用の寄付フォームよりクレジットカードで20,000円以上のご寄付いただいた方が対象となります。
・3月末日までの発送をもって該当者の発表と代えさせていただきます。
・対象国やプレゼントの内容は選べません。
・先着100名様で応募締切とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

「海外たすけあい」とは
日本赤十字社とNHKが
毎年12月に実施する
世界で苦しんでいる人びとを救うための
募金キャンペーンです。

  • 特 徴 1

    国際赤十字創設120周年、NHKテレビ放送開始30周年という記念すべき年であった昭和58年(1983年)にはじまり、現在まで、37年という長きに渡って続いている歴史のある募金キャンペーンです。

  • 特 徴 2

    弱い立場の女性や子どもはもちろん、より幅広い人びとに支援を届けるとともに、紛争や自然災害など、様々な危機を対象に支援を行っています。

  • 特 徴 3

    いただいたご寄付の94.5%を実際の海外支援活動に充てており、緊急救援から復興支援、開発協力に至るまでご寄付を有効活用しています。

あなたのご寄付でできること

飲料や生活、医療用として使用され、不衛生な環境下で暮らさざるを得ないバングラデシュ避難民の生活や命を守ります。

バングラデシュ避難民を寒さから守るほか、乳幼児を直接地面に寝かせることで起こる頭部膿瘍を防ぎます。

下痢や感染症など、日本では亡くなるはずのない病気で命を落としている子どもたちを救うことができます。

世界からのありがとう

ルワンダ
モバイルシネマ(移動式映画館)
参加者 デイビッドさん(17歳)

赤十字のモバイルシネマだと思い
学校から飛んできました。

僕はモバイルシネマで、水が原因の病気の広がりとそれを防ぐための方法を学びました。映画はみんなが楽しめて、いろんなことが学べます。僕も今では前よりずっと多く手を洗うようになり、食事の前はかならず手を洗っています。楽しみながら学べる、赤十字のモバイルシネマが大好きです!

ナミビア
赤十字キッズクラブ(学童保育)の
ボランティア ムブルカさん(38歳)

子どもたちが勉強できる環境を
ありがとう。

私が活動している赤十字キッズクラブでは、エイズ孤児や貧困家庭の子どもたちへ制服・文具などを配ることで、通学を支えています。また、家にはない電気や机もクラブにはあるので、子どもたちは勉強に励むことができています。クラブの子どもたちの中から、大学進学や就職する人も出てきており、皆さまのご支援に本当に感謝しています。

皆さまのご寄付により
昨年も世界中の赤十字と共に、
支援を行うことができました。

アフリカ地域
南スーダン
ナイジェリア
ソマリア
マリ
コンゴ民主共和国
中央アフリカ
ウガンダ
リビア
ニジェール
モーリタニア
ケニア
モザンビーク
ルワンダ
南アフリカ
ブルンジ
ザンビア
エスワティニ
ナミビア
エジプト
マラウィ
コートジボワール
レソト
マダガスカル
リベリア
ヨーロッパ地域
ウクライナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ギリシャ
ベラルーシ
マケドニア
ラトビア
ルーマニア
中東地域
シリア
イエメン
ヨルダン
イラク
パレスチナ
アジア地域
インド
カンボジア
アフガニスタン
インドネシア
バングラデシュ
フィリピン
ミャンマー
ラオス
ネパール
モンゴル
パキスタン
東ティモール
モルディブ
大洋州地域
キリバス
パプアニューギニア
フィジー
ソロモン諸島
バヌアツ
ミクロネシア
ツバル
パラオ
クック諸島
マーシャル諸島
トンガ
サモア
アメリカ地域
コロンビア
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
ウルグアイ
ベネズエラ

バングラデシュでの支援

ミャンマー・ラカイン州での暴力から70万人以上もの人が隣国バングラデシュに避難し、以前からの難民20万人と合わせて、アジアで最大の人道危機に直面しました。現地の避難民は、帰還の見通しが立たない中、劣悪な環境下での生活を強いられ続けています。皆さまのご寄付により、医師、看護師、助産師、薬剤師、こころのケア要員、事務管理要員を派遣し、仮設診療所を拠点とした診察・診療に加え、母子保健、こころのケア、保健衛生指導に取り組むことができました。

ラオスでの支援

ラオスでは、長引く豪雨とそれに伴った洪水の影響でダムが決壊し、鉄砲水が発生。6つの村に住む7,000人以上の住民に影響を及ぼしました。皆さまのご寄付により、緊急避難シェルターを用意し1,500世帯を対象に周辺の村民が一時的に暮らせる場所を作ったり、食糧など生活必需品を配布することができました。また、鉄砲水による被害を受けた学校の教室や教科書などの資材を支援したり、被害を受けた農作物の生産者に対し、生活再建のための資金援助も行いました。

よくあるご質問

日本赤十字社とはどういった団体ですか?

日本赤十字社は、中立・公平などの基本原則に基づき人道支援活動を行っている世界191の国と地域にある赤十字・赤新月社のうちの一社で、国の機関ではなく、国内単独の民間組織です。国内外の災害救護をはじめ、苦しむ人を救うために幅広い分野で活動しています。

活動資金、義援金、海外救援金は何が違うのでしょうか?

活動資金《日本赤十字社が行う人道的活動のために》

災害救護活動をはじめとした日本赤十字社の活動は、会費や寄付を合わせた活動資金で支えられています。義援金の受付業務の事務費なども活動資金によって賄われています。

義援金《全額を被災地へお届けします。》

日本赤十字社にお寄せいただいた「義援金」は、被災県に設置される義援金配分委員会に全額送金され、最終的には被災した市町村の配分委員会が定める基準により、被災者へ現金で届けられます。

義援金が、日赤の災害救護活動・被災者支援活動などに使われることは、一切ありません。

海外救援金《海外で発生した災害や紛争による被災者を支援するために》

世界各国の赤十字社・赤新月社を通じて被災国の赤十字社に寄せられる「海外救援金」は、被災国の赤十字社が行う被災者支援活動に役立てられます。

被災者への医療や衣食住の支援といった緊急救援や復興支援、健康問題に苦しむ人々の状態を改善するための保健衛生活動を展開しています。

税制上の優遇措置

日本赤十字社へのご寄付は確定申告することで個人の所得税や、企業の法人税の優遇措置を受けられます。

税制上の優遇処置の図

A:年間所得総額 - B:(寄付金額 - 2,000円) = C:所得税課税対象額

※ただし、寄付金額は年間所得総額の40%が上限となります。

今、あなたの力が必要です。

プライバシーポリシー